メソッドの種類 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

データベースは4種類のメソッドをサポートしますが、ユーザーが作成できるのはそのうちの2種類のみです。 すなわち、インスタンスとコンストラクタです。システムは静的メソッドをサポートしません。

メソッドの種類 適用対象のUDT
インスタンス
  • DISTINCT
  • STRUCTURED

インスタンス メソッドは、UDTの特定インスタンスで機能します。

コンストラクタ STRUCTURED型

コンストラクタUDTはSTRUCTURED型UDTのインスタンスを初期設定します。

インスタンス メソッドはUDTのインスタンスを操作するのに対し、コンストラクタ メソッドはUDTのインスタンスを初期設定します。より一般的なのはインスタンス メソッドです。詳細は、<インスタンス メソッド>および<コンストラクタ メソッド>を参照してください。

それ以外の2種類のメソッド(オブザーバーとミュテーター)は、UDTの作成時にSTRUCTURED型UDTの各属性ごとにシステムによって自動生成される特殊なインスタンス メソッドです。このどちらもCREATE METHODを使って作成できません。詳細は、CREATE TYPE (STRUCTURED形式)を参照してください。