17.00 - 17.05 - SET SESSION FUNCTION TRACEのパフォーマンス上のオーバーヘッド - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

関数トレースの処理を使用可能にすると、UDFまたは外部プロシージャを使用するリクエストごとにパフォーマンス上のオーバーヘッドが発生します。これは、指定された実体化グローバル トレース テーブルにTeradata Databaseが関数の出力を保存するために発生します。