17.00 - 17.05 - 外部Java参照文字列 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Javaで記述された外部プロシージャを作成するとき、EXTERNAL NAME句の指定は、CまたはC++で記述された外部プロシージャに対して指定するのとは多少異なります。Java外部プロシージャの場合、システムによる次の形式のプロシージャ実行時に、JARファイル名、JAR内のJavaクラス名、呼び出すクラス内のJavaメソッド名を指定する外部Java参照文字列を指定する必要があります。

'jar_name:[package_name.]java_class_name.java_method_name
[java_data_type]'

説明

構文の要素 指定内容
jar_name 組み込み外部プロシージャSQLJ.Install_Jarを呼び出したときにシステムが作成するプロシージャに関連付けられたJARファイルの登録名を指定します。
[package_name.] 外部メソッド パッケージの名前とパスを指定します。

指定するJavaクラスおよびメソッドが外部パッケージに含まれている場合のみ、この指定が必要となります。

java_class_name jar_nameで識別され、このプロシージャで実行するJavaメソッドを含んでいるJAR内に含まれるJavaクラスの名前を指定します。

Javaクラスおよびメソッドが外部パッケージに含まれている場合、適切なパッケージ名とパスでjava_class_nameを完全修飾する必要があります。

java_method_name このプロシージャが実行されるときに実行されるJavaメソッドの名前を指定します。
[java_data_type] カンマ文字で区切られた1つ以上のJavaデータ型の文字列を指定します。

Javaデータ型リストでは、Javaメソッドの特定のオーバーロード実装のシグネチャを指定する方法を示しています。

システムが特定のオーバーロードされたJavaメソッドを選択する必要のあるときは必ず、Javaデータ型リストを指定する必要があります。それ以外の場合は必要ありません。

Javaデータ型は、SQLとJavaの間のデータ型マッピングで説明しているパラメータ マッピング ルールにより、単純マッピングまたはオブジェクト マッピングできます。
java_data_typeの名前では大文字と小文字が区別されます。