17.00 - 17.05 - DELETE USERとJava外部ストアド プロシージャ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

ユーザーを削除するとき、すべてのJava外部プロシージャ、Java UDF、およびJARファイルも削除する必要があります。

ユーザーを削除するとき、ディクショナリ テーブルに関連付けられたJava外部プロシージャで次の処理がシステムにより内部で実行されます。

  1. 現在のユーザーで定義されたJarがある場合、DBC.Dbaseの現在のデータベースに対応する行がシステムにより更新されます。このときJarLibRevision番号が増えます。
  2. 現在のユーザーで定義されたJarがある場合、DBC.Jar_Jar_Usageのすべての行がシステムにより削除されます。これはJarDatabaseIdが削除対象のユーザーのIDと一致したものです。
  3. 現在のユーザーで定義されたJarがある場合、DBC Routine_Jar_Usageのすべての行がシステムにより削除されます。これはDatabaseIdが削除対象のユーザーのIDと一致したものです。
  4. 現在のユーザーで定義されたJarがある場合、DBC.Jarsのすべての行がシステムにより削除されます。これはDatabaseIdが削除対象のユーザーのIDと一致したものです。