選択したパーティションの復元またはコピーにおける適格性の保持に関するルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

テーブルの特性の一部を変更し、選択したパーティションをそのテーブルに復元したりコピーしたりする機能を保持することは可能ですが、パーティション テーブルに対するその他の操作によって、選択したパーティションをテーブルに復元することはできなくなります。

以下のテーブル定義の変更を行なっても、ターゲットとなるテーブルまたは参照されるテーブルで選択されるパーティションの後続の復元は行なえます。

ターゲットおよびソースが異なるシステムの場合、前述の操作をターゲット システムの影響を受けるテーブルに対して繰り返し、それら2つが同期していることを確認する必要があります。

以下のALTER TABLE操作を実行すると、選択したパーティションの復元操作またはコピー操作をターゲット テーブルまたは参照先のテーブルに対して行ないます

パーティションの部分的な復元操作に関する注意点、手順、その他の詳細情報については、<Teradata Vantage™ - データベースの管理、B035-1093>と<Teradata® Archive/Recovery Utilityリファレンス、B035-2412>を参照してください。