データ変換を削除する際の制約事項 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

定義を削除するには、そのデータ変換グループ定義が存在しなければなりません。指定されたUDTにデータ変換グループの定義が存在しない場合、そのリクエストはアボートし、システムはリクエスト側にエラーを返します。

ビュー、ストアド プロシージャ、トリガー、またはマクロが参照していても、システムはDROP TRANSFORMリクエストを常に実行します。

しかし、データ変換を削除するには、そのデータ変換の定義されているUDTが、システム内の任意ののテーブルで使用されていてはなりません。データ変換定義を置換する際には制限事項がないので、データ変換定義を改訂もしくは変更するために削除ではなく置換することだけが必要な場合、REPLACE TRANSFORM文の方を使用すべきです。CREATE TRANSFORMおよびREPLACE TRANSFORMを参照してください。

ビュー、ストアド プロシージャ、トリガー、またはマクロが変換を参照していても、そのデータ変換を削除する操作は成功します。しかし、削除された変換操作を参照するビュー、ストアド プロシージャ、トリガー、またはマクロを使用しようとすると、そのリクエストはリクエスト側にエラーが返されます。