集約結合インデックス用SHOW JOIN INDEXの表示の標準形式 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

定義により、集約結合インデックス定義の選択リストに含める最初の列は、COUNT(non_nullable_expression)式、またはCOUNT(*)式にする必要があります。これらどちらかのCOUNT式を選択リストの最初の列に指定していない集約結合インデックスを作成すると、Teradata Databaseは最初に指定されたどちらかのCOUNT式を定義内の最初の列に自動的に移動します。このような操作は、Teradata Databaseが集約結合インデックス定義にCOUNT(*)式を追加しなければならないとき(SUM演算子しか指定されていない場合)にも必ず実行されます。

そのため、集約結合インデックスに対するSHOW JOIN INDEXリクエストの出力による列の位置は、最初に入力したインデックス定義に含まれる列の位置と異なることがあります。