17.00 - 17.05 - メソッド シグネチャ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

インスタンス メソッドまたはコンストラクタ メソッドのシグネチャは、UDTを作成するとき(CREATE TYPE (DISTINCT形式)およびCREATE TYPE (STRUCTURED形式)を参照)、またはUDT定義にインスタンス メソッドまたはコンストラクタ メソッドを追加するとき(ALTER TYPEを参照)に指定する必要がある部分的な定義です。

UDT定義のために指定されるメソッド シグネチャはインスタンス メソッドまたはコンストラクタ メソッドを完全に定義するものではありませんが、インスタンス メソッドまたはコンストラクタ メソッドの以下の点を規範となる仕方で定義します

メソッド シグネチャもまた、返すデータ型を(おそらく重複して)定義します。RETURNS句は、メソッド シグネチャでは必須ですが、CREATE METHOD内に含まれる句の中ではオプションであることに注意する必要があります。両方指定される場合は、その定義が同じでなければなりません。

メソッド シグネチャは、それに関連したメソッド本体からの次の項目のリストを重複かつ一様に指定する必要があります。
  • そのメソッド名。
  • そのパラメータ リスト。
  • CONSTRUCTORキーワード(それに関連したCREATE METHOD文のメソッド本体でそのように定義される場合)。

    関連するCREATE METHOD文によって明示的に定義されている場合、INSTANCEキーワードを指定する必要はない。メソッドにキーワードを指定しない場合、デフォルトでは常にインスタンス メソッドと見なされるからです。

メソッド本体の作成は、常にCREATE METHOD文を使って行なう必要があります。