17.00 - 17.05 - STRUCTURED型UDTのデフォルトのキャスト機能 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

DISTINCT型UDTの場合とは異なり、システムが新しく作成したSTRUCTURED型UDTに対してデフォルトのキャスト機能を自動的に作成することはない。この例外として、PERIODおよび地理空間データ型(Teradata内部STRUCTURED型UDT)とそれらのデフォルト キャストは事前定義されています。

STRUCTURED型UDTのサポートに必要な変換をサポートするキャスト機能を、オプションに作成することができます。

STRUCTURED型UDTに明示的なキャスト機能を作成することは必須ではないが、STRUCTURED型UDTがUSING要求修飾子など特定のSQL式で実行されたり、FastloadやMultiLoadなどのさまざまなロード操作に関係したりする場合には、キャスト機能を作成することが必要になります。

STRUCTURED型にすでにキャスト機能が定義されているかどうかを調べるには、HELP TYPE文を使用します(HELP TYPEを参照)。