17.00 - 17.05 - 外部プロシージャのデフォルト ロケーション パス - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

外部プロシージャは、作成時または実行時に、情報が特定のデフォルト ロケーションに存在することを想定します。

以下のような理由で外部プロシージャによって使用されるデフォルト パスのロケーションを、この後のリストに示します。
  • プロシージャ ソース ファイルの保存
  • プロシージャ ソース ファイルのコンパイル
  • .soまたはJARファイルの保存
  • 共有メモリ ファイルの保存

次の表に、リソースおよびアクティビティのためのデフォルト ディレクトリ パスを示します。

ファイル/ディレクトリ Linux 説明
ヘッダー ファイル /etc/opt/teradata/tdconfig/Teradata/tdbs_udf/usr/ ヘッダー ファイルsqltypes_td.hは、プロシージャ ソース内のインクルード ディレクティブと共に指定する必要があります。

データベースの外部でプロシージャをコーディングまたはコンパイルする場合、このファイルをコピーできます。

ソース ディレトクリ パス /etc/opt/teradata/tdconfig/Teradata/tdbs_udf/usr/ ソース ファイルを検索するためのデフォルト ディレクトリ。

ソース ファイルまたはオブジェクト ファイルがこのディレクトリ内のTeradataプラットフォーム上に存在する場合、このディレクトリから外部名文字列で指定されたサーバー コンポーネントへの相対パスを指定できます。

これは以下のすべてのファイル タイプに適用されます。
  • インクルード
  • オブジェクト

    このカテゴリにはJARファイルが含まれます。

  • パッケージ
  • Source
コンパイラ パス /usr/bin/gcc  
リンカー パス /usr/bin/ld  
コンパイラ一時パス /var/opt/teradata/tdtemp/UDFTemp/ 外部プロシージャがコンパイルされる一時ディレクトリ

コンパイル処理に必要なファイルはすべて、ここに移動されます。移動されるファイルとしては、サーバーまたはクライアントからのソース ファイル、および必要であればオブジェクト ファイルやヘッダー ファイルが含まれます。

一時コンパイル ディレクトリが存在するのは、コンパイルの実行中だけです。

UDFライブラリ パス /etc/opt/teradata/tdconfig/udflib/ DLLが保存される読み取り専用ディレトクリ。
UDFサーバー メモリ パス /var/opt/teradata/tdtemp/udfsrv/ 保護モード プロシージャの実行に使用される共有メモリ ファイルが保存されるディレクトリ。
JARライブラリ パス /etc/opt/teradata/tdconfig/jarlib/ JARファイル ライブラリが保存されるディレクトリ。