17.00 - 17.05 - 列パーティション テーブルでのクライアント アーカイブおよびロード ユーティリティの使用に関するルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
  • MultiLoadまたはFastLoadユーティリティを使用して、列パーティション テーブルに行をロードすることはできません。
  • Teradata Parallel Data Pumpの配列INSERT操作を使用すると、列パーティション テーブルに行をロードできます。

    また、INSERT … SELECT文を使用して、ソース テーブルから列パーティション ターゲット テーブルに行をロードすることもできます。ソース テーブルとしては、プライマリ インデックスの付いたテーブル、列パーティション テーブル、またはパーティション化されていないNoPIテーブルが可能です。

    Teradata Parallel Data Pumpユーティリティを使用して列パーティション テーブルに行をロードすることの詳細については、<Teradata® Parallel Data Pumpリファレンス、B035-3021>および<Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094>を参照してください。

  • 列パーティション テーブルに対してArchive/Recoveryユーティリティを使用する際には、次のルールが適用されます。
    • 列パーティションまたは行パーティション、あるいはその両方でパーティション化されたテーブルに対して、アーカイブ、復元、およびコピーを実行できます。

      また、列パーティション テーブルを含むデータベースまたはユーザーのアーカイブ、復元、またはコピーも可能です。

    • 列パーティション テーブルから特定のパーティションを選択してアーカイブ、復元、またはコピーを行うことはできません。
    • 列パーティション テーブルから特定のパーティションを選択してアーカイブ、復元、またはコピーを行うことは避けてください。

      この操作は2バイト パーティションに対して有効ですが、廃止予定の機能です。

      8バイト パーティションを使用して列パーティション テーブルから特定のパーティションを選択してアーカイブ、復元、またはコピーを行うことはできません。