17.00 - 17.05 - 保護モードの外部プロシージャ サーバー - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

保護モードの外部プロシージャ(セキュア モードのプロシージャを含む)は、データベースとは別個のプロセスのもとで実行します。外部のセキュリティを必要とする構成の外部プロシージャは、セキュア モードと呼ばれる、保護モードのサブタイプで実行されます。システムは、セキュア モードのプロシージャをサポートするため、別個のプロセス(またはサーバー)を設定します(詳細については<Teradata Vantage™- SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>を参照してください)。

セッションの中で初めてセキュア モードの外部プロシージャが呼び出されるとき、以下の一連のイベントが生じます。保護モードの外部プロシージャの場合も、プロセスはほぼ同一です。

  1. 外部プロシージャ セキュア サーバー設定ロジックが許可情報を調べ、所定のOSユーザーの許可のために設定済みのセキュア サーバー プロセスがあるかどうかを判別します。

    セッションの中でプロシージャが呼び出されたのはこれが初めてなので、設定済みのセキュア サーバー プロセスはありません。

  2. 許可が設定されていないため、プロセスはユーザー名とパスワードを検証することにより、OSユーザーを検証します。

    指定された許可情報を使ってログオンしようとして失敗する場合、システムはセッションにエラーを返します。

  3. 許可が成功すると、システムはセキュア サーバー プロセスを作成し、プロシージャが実行されます。

セッションでプロシージャが実行されるのが初めてではない場合、以下の一連のイベントが生じます。

  1. 外部プロシージャ セキュア サーバー設定ロジックが許可情報を読み、この許可で設定済みのセキュア サーバー プロセスがすでにあることを判別します。
  2. プロシージャは既存のセキュア サーバーを使って実行されます。

最大数のセキュア サーバーが作成済みのところに、確立済みのセキュア サーバーを持たない所定の許可の新規リクエストが出された場合、以下の一連のイベントが生じます。

  1. 外部プロシージャ セキュア サーバー ロジックが、所定の許可のセキュア サーバーを見つけようとします。しかしそれを見つけることができず、最大数のセキュア サーバーが設定済みであることを判別します。
  2. 許可が設定されていないため、プロセスはユーザー名とパスワードを検証することにより、OSユーザーを検証します。

    指定された許可情報を使ってログオンしようとして失敗する場合、システムはセッションにエラーを返します。

  3. 外部プロシージャ セキュア サーバー ロジックは最も使用度の低いセキュア サーバー プロセスを見つけて、それを終了します。
  4. 新しいセキュア サーバー プロセスが作成され、プロシージャが実行されます。