SQL DATA ACCESSオプション - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage
オプション 説明
CONTAINS SQL プロシージャは、CLIv2またはJDBCを使用してSQL呼出しを実行できます。

プロシージャはデータベースでSQLデータを読み取ったり変更したりすることはできません。

例として、本文がプロシージャにローカルな制御言語だけで構成されたプロシージャがあります。

このようなプロシージャがSQLデータの読み取りや変更を試行した場合、またはSQLデータの読み取りや変更を試行するプロシージャを呼び出した場合、システムは次のSQLSTATE例外コードを出します。

'2F004' - reading SQL-data
not permitted
MODIFIES SQL DATA プロシージャは、CLIv2またはJDBCを使用してSQLプロシージャから有効に呼び出すことができるすべてのSQL呼出しを実行できます。

これは、プロシージャが定義されるときにSQLデータ アクセス句を指定しないSQLプロシージャのデフォルトのオプションです。

そのような文の例として、UPDATE、INSERT、またはDELETEがあります。

NO SQL プロシージャはSQL呼出しを実行できません。

これは外部SQLプロシージャのデフォルトのオプションです。

READS SQL DATA プロシージャはCLIv2またはJDBCを使用して、SQLデータを変更するSQL呼出しを実行できませんが、SQLデータを読み取るSQLを呼び出すことはできます。

このようなプロシージャがSQLデータの変更を試行した場合、またはデータベース データを変更するプロシージャを呼び出した場合、システムは次のSQLSTATE例外コードを出します。

'2F002' -modifying SQL-data
not permitted.