エラー テーブルのディクショナリ サポート - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

システムは、1つのディクショナリ テーブルDBC.ErrorTblsと、3つのビューDBC.ErrorTblsVDBC.ErrorTblsVX、およびDBC.Tables3VXを提供して、エラー テーブルをサポートします。

DBC.ErrorTblsは、エラー テーブルと(テーブルのヘッダーではなく)そのデータ テーブルとの関係を保持します。

DBC.ErrorTblsVビューとDBC.ErrorTblsVXビューにクエリーを行なうと、エラー テーブル名、その関連データ テーブルとデータベース名をレポートできます。

DBC.Tables3VXにクエリーを行なうと、エラー テーブルの行に格納されているテーブルIDと列IDに関連付けられたデータベース、テーブル、および列の名前をレポートできます。

DBC.ErrorTblsDBC.ErrorTblsVDBC.ErrorTblsVX、およびDBC.Tables3VXの定義および使用方法の詳細については、<Teradata Vantage™ - データ ディクショナリ、B035-1092>を参照してください。DBC.Tables3VXビューの使用例については、エラー テーブルの行サイズの最小化を参照してください。