17.00 - 17.05 - Java UDFの特別な考慮事項 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Java UDFはEXECUTE PROTECTEDモードでのみ実行することができます。

Java UDFの場合、COMPILEオプションは、CまたはC++で記述されたUDFと同じように動作します。ただし、例外として、Java UDFのEXTERNAL NAME句で参照するJARファイルの拡張は、システム上の影響を受けるすべてのノードに再配置されます。再配布は、所定のノードでJARファイルが紛失した場合に役立ちます。Java UDFにCOMPILE ONLYオプションを指定できないことに注意してください。

Javaで記述されたUDFのCOMPILE オプションにあるONLY句ではプリアンブル ファイルが生成されますが、関連するJARファイルは再配布されません。

詳細については、CREATE FUNCTIONおよびREPLACE FUNCTION(外部形式)および<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>の「CREATE FUNCTION/REPLACE FUNCTION」を参照してください。