17.00 - 17.05 - 行トリガーの利点 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

行トリガーは、現行の行値をスカラー数量として参照するOLDおよびNEW相関名と共に使用することが最も一般的です。以下の箇条書きリストに、行トリガーの利点を示します。

  • 各行は1回だけ処理されるという制約によって、トリガーが互いに独立して実行されることが保証されます。
  • ある行に対してトリガーされるアクションの完了を待ってから次の行のアクションを開始する、ということは通常必要ありません。
  • トリガーされるアクションのステップよりも前にOLDおよびNEW相関値にアクセスでき、ほとんどの場合は単一のAMPステップを送信するだけなので、テーブル全体のロックは必要ありません。

行に対してトリガーされるアクションがデータ値を変更する結果、いくつかの行でWHEN条件の検索結果が影響を受ける可能性のある場合、システムは、トリガーされるアクションの完了を待ってから次の行に進む必要があります。そのような性質のトリガーは、Teradata並行アーキテクチャの利点を十分に活用できません。