17.00 - 17.05 - セッション モードがSQLプロシージャのDCL文に与える影響 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
SQLプロシージャに指定されるDCL文の実行時の動作は、プロシージャが作成されるTeradataセッションのセッション モードによって異なります。
  • Teradataセッション モードのSQLプロシージャの明示的な(ユーザー定義の)トランザクション内で指定されるDCL文は、そのトランザクションの最後の文でなければなりません。 そうしないと、システムによって実行時例外が出されます。
  • ANSIセッション モードでプロシージャを実行する際、プロシージャ本体で指定されるそれぞれのDCL文の後にはCOMMIT WORKリクエストを記述しなければなりません。 そうしないと、データベースはリクエストをアボートし、実行時例外が発生します。