17.00 - 17.05 - INSERTおよびUPDATEの行レベル セキュリティ ポリシー関数のルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のルール セットは、INSERTおよびUPDATEの行レベル セキュリティ ポリシー関数に固有のものです。

  • INSERTまたはUPDATEの行レベル セキュリティ制約UDFの場合、結果は、ターゲット行に入れられる値である必要があります。
  • パラメータ形式がSQLの階層型(SMALLINT) INSERTまたはUPDATE制約のRETURNパラメータは、次のとおりです。
    戻される出力 戻り値標識変数の値 呼び出しの動作
    NULL -1 ポリシーを渡しており、新しい行の制約はnullです。
    0以外 -1 ポリシーを渡しており、新しい行の制約はnullです。
    0以外 0 ポリシーを渡しています。

    戻り値は有効な制約値で、nullではなく、新しい行の値です。

    Teradata Databaseは、戻り制約値が制約定義を満たしているか検証します。

    0 0 ポリシーを渡しておらず、対応するパラメータはnullではありません。

    Teradata Databaseはそれ以降のアクションのターゲット行を無視します。

  • パラメータ形式がSQLの非階層型(BYTE[(n)]) INSERTまたはUPDATE制約UDFのRETURNパラメータは、次のとおりです。
    戻される出力 戻り値標識変数の値 呼び出しの動作
    NULL -1 ポリシーを渡しており、新しい行の制約はnullです。
    0以外 -1 ポリシーを渡しており、新しい行の制約はnullです。
    0以外 0 ポリシーを渡しています。

    戻り値は有効な制約値で、nullではなく、新しい行の値です。

    Teradata Databaseは、戻り制約値が制約定義を満たしているか検証します。

    0 0 ポリシーを渡しておらず、対応するパラメータはnullではありません。

    Teradata Databaseはそれ以降のアクションのターゲット行を無視します。

  • パラメータ形式がTD_GENERALの階層型(SMALLINT) INSERTまたはUPDATE制約UDFのRETURNパラメータは、次のとおりです。
    戻される出力 呼び出しの動作
    0以外の値 ポリシーを渡しており、値は有効な制約値で、新しい行の値です。

    Teradata Databaseは、戻り制約値が制約定義を満たしているか検証します。

    0 ポリシーを渡していません。

    Teradata Databaseはそれ以降のアクションのターゲット行を無視します。

  • パラメータ形式がTD_GENERALの非階層型(BYTE[(n)]) INSERTまたはUPDATE制約UDFのRETURNパラメータは、次のとおりです。
    戻される出力 戻り値標識変数の値 呼び出しの動作
    あらゆるバイトが0以外 0 ポリシーを渡しており、値は有効な制約値で、新しい行の値です。
    すべてのバイトが0 0 ポリシーを渡していません。

    Teradata Databaseはそれ以降のアクションのターゲット行を無視します。