17.00 - 17.05 - CONSUMEモードのSELECT文に関する制約事項 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
以下の制限がSELECT AND CONSUME TOP 1文に適用されます。<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。
  • SELECT AND CONSUME文で、キュー テーブルを他のテーブルと結合することはできません。

    この問題の対処方法は、INSERT … SELECT操作を実行し、別のテーブルと結合するキュー テーブルから非キュー テーブルに行をコピーしてから、その非キュー テーブルをもう一方のテーブルと結合することです。

    例:

    DELETE ALL FROM tempTbl;
    INSERT INTO tempTbl
    SELECT AND CONSUME TOP 1 * FROM qTbl;
    SELECT c.name, t.customerId, t.orderId
    FROM tempTbl AS t, customer AS c
    WHERE t.customerId = c.customerId;
  • WHERE句をSELECT AND CONSUME文に指定することはできません。
  • 集約関数または順序付き分析関数をSELECT AND CONSUME文に指定することはできません。
  • 必須のTOP n句は、n=1以外の場合には指定できません。
  • SELECT AND CONSUME文は、TOP n句のPERCENTオプションまたはWITH TIESオプションをサポートしません。<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。

以下の中でSELECT AND CONSUME文を指定することはできません。

  • サブクエリー
  • 検索条件
  • 論理述部
  • 集合演算子