命名規則:UDF、UDM、およびUDTの間で名前の重複を回避する - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

UDF、メソッド、およびUDTの名前の衝突を回避するには、次の2つのルールに従う必要があります。

  • 以下の列のペアは、DBC.TVMテーブル内で固有でなければなりません。
    • DatabaseID, TVMNameI
  • 以下のルーチンのシグネチャは固有でなければなりません。
    • database_name.routine_name(parameter_list).

UDF、メソッド、およびUDTは、そのSPECIFIC名および関連したルーチンのシグネチャが異なる限り、同じSQL名を持つことができます。UDTの場合、SPECIFIC名は、UDTそのものではなく(これはSPECIFIC名を持たない)、UDT定義内のいずれかのメソッド シグネチャのSPECIFIC名のことを指します。