17.00 - 17.05 - 結合条件とパーティション プライマリ インデックス - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

PPIテーブルに対するクエリーの結合条件を作成するときは、常に次の指針に従います。

  • 可能であれば、プライマリ インデックス列セットおよびパーティション列セットでは、等価結合で結合条件を指定します。

    この種類の結合条件は、効率的な行キー ベースのマージ結合を使用します。

  • PPIテーブルのパーティション列を結合の別のテーブルに追加することを考慮します。
  • プライマリ インデックス列セットに完全なパーティション列セットが含まれない場合、パーティション列セット上ではなく、プライマリ インデックス列セット上で等価結合を指定します。行パーティション排除後にはパーティションを少なくするほうが良く、残っているパーティションが少なければ少ないほど好ましいと言えます。
  • 最適化ルーチンは、パーティションが少数の場合、スライディング ウィンドウ結合を指定することができます。そうでない場合、テーブルをスプールおよびソートする必要が生じることがあります。
  • RANGE_Nを使用して、テーブルにより少ないパーティションを定義します。
  • パーティション列で結合条件を指定すると、最適化ルーチンは、パーティション排除を使用して結合に含まれるパーティション数を減らす方向に機能します。
  • 最適化ルーチンは、パーティションにデータが入っているかどうかは認識しないため、定義されたすべてのパーティションに行が入っていると想定します。

    PARTITION統計情報は、最適化ルーチンが結合計画を見積もるのに役立ちますが、最適化ルーチンが選択する結合計画では、パーティションにデータが入っていない状態を想定できません。