17.00 - 17.05 - キュー テーブルに対する制約事項 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
次のリストで詳しく示すように、キュー テーブルおよびその使用方法についてはいくつかの制約事項があります。
  • キュー テーブルは、テンポラル テーブルにすることはできません。
  • キュー テーブルのテーブル定義DDLでは、SETまたはMULTISETを指定した直後に、キーワードQUEUEを常に指定する必要があります(QUEUEキーワードを参照)。
  • キュー テーブルで最初に定義する列は、ユーザー定義のQITS列でなければなりません(QITS列を参照)。
  • キュー テーブルからQITS列を削除することはできません(ALTER TABLE (テーブルの基本的なパラメータ)を参照)。
  • QITS列を以下のいずれかに定義することはできません。
  • キュー テーブルを、非パーティションNoPIテーブルまたは列パーティション テーブルのいずれかとして定義することはできません。パーティション化されていないNoPIテーブル列パーティション テーブルを参照してください。
  • キュー テーブルに、以下の任意のの参照整合性句を指定して定義することはできません。
    • FOREIGN KEY … REFERENCES
    • REFERENCES
  • キュー テーブルの列を異なる非キュー テーブルの定義のFOREIGN KEY … REFERENCESまたはREFERENCES句から参照することはできません。
  • 他のすべての列レベルおよびテーブル レベルの制約句は、UNIQUE制約およびPRIMARY KEY制約がQITS列には無効であることを例外として、キュー テーブル定義内で有効です。
  • キュー テーブルの列を、BLOBデータ型、CLOBデータ型、Geospatialデータ型、JSONデータ型、XMLデータ型、ARRAYデータ型、またはVARRAYデータ型として定義することはできません。BLOBデータ型、CLOBデータ型、ARRAYデータ型、およびVARRAYデータ型の詳細は、<Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143>を参照してください。Geospatialデータ型について詳細は、<Teradata Vantage™ - 地理空間データ型、B035-1181>を参照してください。JSONデータ型については、<Teradata Vantage™ - JSONデータ型、B035-1150>を参照してください。XMLデータ型については、<Teradata Vantage™ - XMLデータ型、B035-1140>を参照してください。
  • キュー テーブルが、グローバル一時テーブルでもあることはできません。
  • キュー テーブルが、揮発テーブルでもあることはできません。
  • キュー テーブルに永久ジャーナルを指定することはできません。
  • キュー テーブルはグローバル一時テーブルまたは揮発テーブルであることができないので、以下の制約事項も適用されます。
    • それらの変更イメージを、トランザクションのジャーナルに記録することはできません。

      キュー テーブルにログ オプションを指定することはできません。LOGおよびNO LOGを参照してください。

    • トランザクションの完了後にそれらの内容を保存することはできません。

      キュー テーブルに対し、ON COMMIT句を指定することはできません。ON COMMIT DELETE/PRESERVE ROWSを参照してください。

  • テーブルをコピーする構文を使用してキュー テーブルの定義をコピーすることはできません。CREATE TABLE AS句のソース テーブル(副クエリーで参照されているテーブルを含む)とターゲット テーブルのいずれも、キュー テーブルにすることはできません。CREATE TABLE (AS句)を参照してください。
  • キュー テーブルは、パーティション プライマリ インデックスと共に定義できません。
  • 以下のロードおよびエクスポート ユーティリティでは、キュー テーブルはサポートされません。
    • MultiLoad
    • FastLoad
    • FastExport
  • tdlocaledef.txtファイルを変更してtparesetコマンドを発行する場合、新しい形式文字列設定は、リセットの作成されるテーブルにのみ影響を与えます。既存のーブルの列は、変更のためのALTER TABLE文を実行しない限り、引き続きDBC.TVFieldsにある現存の形式文字列を使用します。ALTER TABLE (テーブルの基本的なパラメータ)を参照してください。