17.00 - 17.05 - ビューを使用したPPIテーブルのパーティションへのアクセスの制御 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

ビューを使用して、PPIテーブルのパーティションへのアクセスを制御できます。 例えば、テーブルに対するSELECT ACCESSのビューと、データ保守のための別のビューを作成します。 ビューでの条件で、適切なパーティションにのみアクセスするように制限できます。 条件を変更するためにビューを置き換えることが可能です。 権限はビューでのみ付与します。

PPIテーブルでビューを定義する場合、その定義の選択リストで明示的に指定しない限り、そのビューにはシステム派生PARTITION列またはシステム派生PARTITION#L n列(nの値は1から15までの範囲)は含まれません。

一般的には、ユーザーが参照できないように、基礎となるテーブルからのシステム派生PARTITIONまたはPARTITION#L n列をビュー定義には含めないでください。 戦略としては、パーティション列で条件を指定する方が優れています。これは、基本の基本テーブルのパーティションが変更されると、行のPARTITION(または指定のPARTITION#L n)の値が変わる可能性があるからです。 ALTER TABLE (テーブルの基本的なパラメータ)を参照してください。

システム派生PARTITION列またはシステム派生PARTITION#L n列を含むビュー定義は、DBAに適しています