17.00 - 17.05 - 完全修飾された名前が必要な場合 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

SQL文でデフォルトのデータベース以外を参照しない場合は、修飾されない名前を使用するのが一番簡単です。SQL文の中で使用している非修飾名が複数のデータベースからテーブル、ビュー、その他のオブジェクトを参照する場合、その名前はいずれか1つのデータベースだけに適用されます。

修飾されていないテーブルの名前が検出されると、以下のすべてのデータベースでその名前のオブジェクトが検索されます。

  • デフォルト データベース
  • SQL文で参照されているすべてのデータベース
  • ログイン ユーザー データベースの中のその名前の揮発テーブル

検索処理では、これらのデータベースの任意の1つだけでそのテーブル名を検出する必要があります。複数のデータベースでそのテーブル名が検出された場合は、Teradata Databaseから「ambiguous table name」という趣旨のエラー メッセージが返されます。そのような場合は、デフォルトのデータベースが他のデータベースよりも優先されることはありません。

したがって、複数のデータベースを参照する場合には、複数のデータベースに含まれている名前の完全修飾形式を使用することが必要です。

次の構文は、テーブルなどを参照するための完全修飾形式を示しています。

     database_name.table_name