17.00 - 17.05 - エラー テーブル列の使用に関する考慮事項 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表では、エラー テーブル固有の列に関するシステム定義属性に一覧表示されていないエラー テーブル情報に関する追加の使用考慮事項が説明されています。

使用上の注意
ETC_DBQL_QID システムは、DBQLが有効になっているかどうかに関係なく、タイムベースのクエリーIDを設定します。IDは新しいリクエストがあるたびに1ずつ増えます。

ETC_DBQL_QIDを使用して、リクエストに対してすべてのエラー行を一意に識別できます。

後者は、再起動のときにセッション番号が同じ基本値から1つずつ増え始めるため、信頼性は低くなります。結果として、再起動が行なわれた場合、2つの異なるリクエストが同じホスト、セッション、およびリクエスト番号を持つことになります。

ETC_ErrSeq ETC_ErrSeq列を使用して、MERGE操作で更新および挿入する行の順番を決定できます。

ETC_ErrSeqは数字のシーケンスを提供し、これによりETC_TimeStampのタイムスタンプよりも、分析や回復のためにエラーを参照しやすくなっています。

データ行サイズに固定エラー テーブル列を足したものがシステムの行サイズ制限を超える場合、ANSIセッション モード リクエストはアボートし、リクエスト側にエラー メッセージが返されます。一方で、CREATE ERROR TABLEリクエストを含むTeradataセッション モード トランザクションはアボートし、リクエスト側にエラー メッセージが返されます。