識別列およびバルク挿入 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

GENERATED ALWAYSの識別列が定義されているテーブルにバルク挿入される行の識別列値は、自動的にシステム生成の番号に置換されます。この置換に関する警告は、INSERT ... SELECT文で挿入されるすべての行に対して1度だけ表示されます。Teradata Parallel Data PumpおよびBTEQインポートなどのその他のバルク挿入ユーティリティは、挿入されるそれぞれの行ごとに同じ警告を受け取ります。

以下のいずれかの識別列定義によってテーブルにバルク挿入される行は、行のうち適切な列がUPI、USI、PRIMARY KEY、またはUNIQUE制約で制限されていない限り、固有であることは保証されません。

  • GENERATED BY DEFAULT
  • CYCLEを指定したGENERATED ALWAYS