ブロック レベル圧縮およびテーブル - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

DBS制御の圧縮設定に応じて、またはFerretユーティリティを使用して圧縮または圧縮解除されたかに応じて、テーブルはブロック圧縮できる場合とできない場合があります。DBS制御ユーティリティとFerretユーティリティの情報、およびブロック圧縮設定と他のDBS制御ファイル システム設定の相互作用については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。

データ ブロック サイズへの制限は、テーブルの非圧縮サイズに適用されます。ブロック圧縮は、これらの制限を引き上げたり、単一のデータ ブロックにそれと同じサイズの非圧縮データ ブロックに格納できる量よりも多くのデータを格納できるようにしたりはしません。

揮発テーブルおよびグローバル一時テーブル ファイルが圧縮されるかどうかは、最適化ルーチンがリクエスト キャッシュの関係をキャッシュするかどうかによって決まります。Teradata Vantage™- SQLリクエストおよびトランザクション処理、B035-1142を参照してください。関係がキャッシュされている場合、圧縮は行なわれません。関係がキャッシュされていない場合、圧縮は行なわれます。