17.00 - 17.05 - 排他的なAS … WITH DATA句のルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
以下の一連のルールはAS … WITH DATA句にだけ当てはまります。これらのルールはAS … WITH NO DATA句には影響しません
  • AS … WITH DATA句を使用してグローバル一時テーブルを作成することはできません。
  • 参照整合性制約をAS  … WITH DATA句に指定することはできません。存在していないテーブルに関する前方参照が定義される可能性があり、この定義では参照先のテーブルが作成されるまで、挿入がすべてブロックされてしまうためです。

    その代わりに、新しいテーブルを作成したで、ALTER TABLE文(ALTER TABLE (テーブルの基本的なパラメータ)を参照)を使用して参照整合性制約を追加します。

  • エラーが生じて、副クエリーの結果を新しいテーブルに保管することが妨げられると、新しいテーブルの作成はアボートします。

    例えば、CREATE TABLE … AS … WITH DATA文をコーディングして、CHECKまたはNOT NULLなどの列制約を指定するとします。制約の結果、subquery の中の行が拒否されると、テーブルの作成はアボートし、システムはリクエスト側に制約違反エラーを返します。