HELP CAST属性 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

次の表に、HELP CAST文で報告される属性をリストします。

属性 データ型 NULL受入可能 説明
Source VARCHAR(31) いいえ ソース タイプの名前。

UDTが含まれるデータベースは常にSYSUDTLIBなので、データベースは報告されません。

Target VARCHAR(31) いいえ ターゲット タイプの名前。

UDTが含まれるデータベースは常にSYSUDTLIBなので、データベースは報告されません。

Cast Routine VARCHAR(31) いいえ UDT_nameがSTRUCTURED型UDTの場合、これはキャスト機能を提供する外部ルーチンの特定名です。

UDT_nameがDISTINCT型UDTであり、キャスト機能がシステム生成である場合、これはSystemという語です。

UDTが含まれるデータベースは常にSYSUDTLIBなので、データベースは報告されません。

As Assignment VARCHAR(3) いいえ
  • NOは、このキャスト定義にAS ASSIGNMENTオプションが指定されていないことを示します。

    コードがNOの場合は、この外部ルーチンに対して暗黙キャストはサポートない

  • YESは、このキャスト定義にAS ASSIGNMENTオプションが指定されていることを示します。

    コードがYESの場合、DisableImplCastForSysFuncOp DBS Controlフラグの値が00x0に設定されているなら、この外部ルーチンに対して暗黙キャストがサポートされます。

詳細は、AS ASSIGNMENT句を使用してキャスト操作を暗黙的に呼び出し可能にするを参照してください。

Dictionary Source VARCHAR(128) いいえ この節に示す属性は、対応する旧Source、Target、およびCast Routineの属性を基礎とし、それらの後継となるものです。新たな機能も追加されています。

旧属性は、レガシー アプリケーションとの互換性のために保持されています。

詳細については、HELPレポートのオブジェクト名およびタイトル データで始まるトピックを参照してください。

SQL Source VARCHAR(644) いいえ
Source Uescape VARCHAR(1) はい
Dictionary Target VARCHAR(128) いいえ
SQL Target VARCHAR(644) いいえ
Target Uescape VARCHAR(1) はい
Dictionary Cast Routine VARCHAR(128) いいえ
SQL Cast Routine VARCHAR(644) いいえ
Cast Routine Uescape VARCHAR(1) はい