問題を隔離するためのエラー テーブル データの使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

エラー テーブル データを使用した問題の隔離には、次の一般的な手順を使用します。

  1. エラー テーブルにクエリーを行ない、ET_tという名前のエラー テーブルのユーザーに記録されたエラーに関する情報、およびエラーまたは警告メッセージで返されたDBQLクエリーIDを取得します。
    SELECT ETC_ErrorCode, FieldName, ETC_IndexNumber, ETC_IdxErrType
    FROM ET_t, DBC.Tables3VX
    WHERE ETC_DBQL_QID = 123456789012345678
    AND   ETC_TableID = TableID;
  2. 各エラー コードおよびエラーに関連する列の値を見て、何らかのアクションが必要かどうかを判別します。

次のエラー テーブルの列は、エンド ユーザーよりTeradataサポート担当者によるトラブルシューティングに役立ちます。

  • ETC_RowId
  • ETC_ErrSeq