17.00 - 17.05 - UDFパラメータ形式 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
サービスとして提供されているVantage delivered as-a-service(AWSまたはAzureで実行中のVantage)、独自のC++およびJava UDF、UDF、UDT、または外部ストアド プロシージャを作成できません。

次の3つのパラメータ形式は、すべて外部関数に対して有効です。

形式 説明
SQL 標識変数を使用して引数を渡します。

これはすべてのUDFに対するデフォルトのパラメータ形式です。

その結果、入力として常にnullを渡し、結果にそれらを返すことができます。行レベル セキュリティ ポリシー制約がnullを許可する場合、そのパラメータ形式はSQLである必要があります。

関数が行レベル セキュリティ ポリシー制約を実行する場合、関数の入力パラメータと出力パラメータにはそれぞれ、2番目の標識パラメータが含まれます。次の標識パラメータ値が適用されます。

  • 標識パラメータ値が-1の場合、対応する値のパラメータはnullです。
  • 標識パラメータ値が0の場合、対応する値のパラメータはnullではありません。

他の値は、行レベル セキュリティ ポリシー制約UDFの標識パラメータには有効ではありません。

TD_GENERAL パラメータを使用して引数を渡します。

nullを渡すこともnullを返すこともできません。行レベル セキュリティ ポリシー制約がnullを許可しない場合、そのパラメータ形式はTD_GENERALである必要があります。

関数が行レベル セキュリティ ポリシー制約を実行する場合、標識パラメータはありません。

JAVA Java関数がnull引数を受け入れる必要がある場合、EXTERNAL NAME句にはパラメータのリストを含め、Javaオブジェクトにマップするデータ型を指定する必要があります。

PARAMETER STYLE JAVAは、すべてのJava関数に対して指定するSYSUDTLIB

行レベル セキュリティ ポリシー制約関数に、JAVAのパラメータ形式を使用することはできません。