トリガーを含むデータベース オブジェクトの削除 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

以下のテーブルに示すように、Teradata Databaseは以下のデータベース オブジェクトに対するDROPおよびDELETE操作に制約を適用して、トリガーが孤立しないようにしています。

指定する文 適用される状態 結果
DROP TABLE トリガーが指定のテーブルに定義されている エラー メッセージ。

まずすべてのトリガーを削除してからでなければ、テーブルを削除できません。

  • DELETE DATABASE
  • DELETE USER
名前の指定されたデータベースまたはユーザー内の1つ以上のテーブルが、別のデータベースで作成されたトリガーの対象テーブルになっている エラー メッセージ。

データベースまたはユーザーを削除するには、その前にまず、こういったトリガーをすべて削除する必要があります。