EXPLAINまたはVisual Explainを使用してセカンダリ インデックスの実用性を分析 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

リクエストを実行する前に、最適化ルーチンは、相対的なコストを見積もって、セカンダリ インデックスの使用が実際に節約になるのかそれとも許容できる範囲なのかを判断します。節約にならない場合は、別のアクセス方式が使用されます。セカンダリ インデックスを実行する前に、そのパフォーマンスを検証する必要があります。

セカンダリ インデックスを保持する必要があるかどうかを判断しやすくするために、SQL EXPLAINリクエスト修飾子またはVisual Explainクライアント ユーティリティのどちらかを使用して、処理順序の説明を生成できます。<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>および<Teradata® Visual Explainユーザー ガイド、B035-2504>を参照してください。