17.00 - 17.05 - ビュー定義での結合および集約 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

更新不可のビューを定義する場合、1つ以上の集約演算子(SUM、AVG、MAX、MIN、およびCOUNT)を、SELECTの式リストまたはHAVING句の条件式に指定できます。集約を含むビューを作成することにより、一時テーブルを作成および削除する必要がなくなります。多くのアプリケーションでは、集約結合インデックスが最適なソリューションである可能性があります。集約結合インデックスの詳細については、集約結合インデックス集約結合インデックスをクエリー計画の中で使用するための最適化ルーチンのルール、および<Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094>の結合インデックスとハッシュ インデックスの章を参照してください。

WHERE句の条件式で集約演算子を使用することはできません。