17.00 - 17.05 - キュー テーブルへの値の取入れ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

キュー テーブルにデータを取り込む方法は、非キュー テーブルにデータを取り込む方法と同じです。 INSERT文、INSERT … SELECT文、またはそれらの文を生成するTeradata Parallel Data PumpまたはTeradata Parallel Transporter(STREAM演算子およびINSERT演算子を使用)などのロード ユーティリティを使用します。

簡単なINSERT … SELECT文を使用して、キュー テーブルまたは非キュー テーブルのどちらかからキュー テーブルにデータを取り込むことができます。INSERT … SELECT AND CONSUME文を使用して、キュー テーブルに別のキュー テーブルの行を取り込むこともできます。

システムはCURRENT_TIMESTAMPの値を使用してQITS値をデフォルトで挿入するので、QITS値を挿入しないでください。

同様に、キュー テーブルがシステム生成の識別列を使用する場合、QSN値を挿入しないでください。

INSERT … SELECT文のソース テーブルには、別のキュー テーブルまたは非キュー テーブルのどちらかを指定できます。

以下の例のANSIセッション モード トランザクションは、1つのINSERT文および複数のINSERT … SELECTリクエストを使用して、複数行をshopping_cartという名前のキュー テーブルに挿入します。

    INSERT INTO shopping_cart (order_num, product, quantity)
    VALUES ('I07219100', 'dozen baseballs' , 1);

    INSERT INTO shopping_cart (order_num, product, quantity)
     SELECT order_num, product, quantity
      FROM mail_orders;

    INSERT INTO shopping_cart (order_num, product, quantity)
      SELECT order_num, product, quantity
      FROM backorder_tbl
      WHERE order_num = 'I00200314';

    COMMIT;