テーブルの列要素について - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

この句はテーブル列の要素を定義します。

テーブルに定義する各列について名前とデータ型を指定する必要があります。CREATE TABLE … AS構文を使用してテーブルのコピーを作成する場合には、ソース テーブル列タイプをデフォルトで引き継ぐか、またはクエリー式を使用して新しい列データ型を指定します。各データ型は、1つ以上の属性定義によって、さらに定義することができます。

以下のオプションの列属性を指定できます。
  • データ型属性宣言
  • 列のNULL受入可能
  • 複数値圧縮およびアルゴリズム圧縮
  • 列記憶属性
  • 出力形式属性
  • デフォルト値属性

    前の属性リストの詳細について、<Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143>を参照してください。

  • 列制約属性
    • PRIMARY KEY制約定義
    • UNIQUE制約定義
    • FOREIGN KEY REFERENCES制約定義
    • CHECK制約定義
    • 行レベル セキュリティ制約の割当て

    PRIMARY KEY制約、UNIQUE制約、FOREIGN KEY制約、およびCHECK制約はテーブル属性としても指定できますが、行レベル セキュリティ制約はテーブル属性としては指定できません。