17.00 - 17.05 - SHOW TABLE IN XMLおよびSHOW HASH INDEX IN XMLのアプリケーション - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

SHOW TABLEおよびSHOW HASH INDEXのIN XMLオプションを使用すると、Teradata Tools and Utilitiesアプリケーションやサード パーティ ツールでテーブルやハッシュ インデックスの定義とそのプロパティをXML形式で取得および表示できます。

また、Teradata Databaseからテーブルやハッシュ インデックスの定義をXML形式でエクスポートすることができます。これにより、次のアプリケーションが使用可能になります。

  • DDL文を理解して記述できなくても、GUIでテーブルやハッシュ インデックスの定義を表示して変更する。
  • 参照されているデータベース オブジェクトの詳細な定義が必要なSQLワークロードのオフライン分析を実行する。
  • Teradata Data MoverなどのTeradata Tools and Utilitiesプログラムを使用して、2つの異なるTeradata Databaseバージョン間でテーブルやハッシュ インデックスの定義を簡単に移動する。Teradata Data Moverでは、XMLオブジェクト定義を解析し、DDLリクエストを生成してターゲット データベース サーバーに適用し、Teradataクライアントで利用可能なデータベース リリースにデータベース機能をマッピングする。