ロード ユーティリティの制約および制限 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

FastLoad、MultiLoad、またはTeradata Parallel TransporterのオペレータLOADおよびUPDATEを使用して、結合インデックスが定義されている基本テーブルにデータをロードすることはできません。これらのユーティリティの実行中は、それらのインデックスが維持されないためです。これはパーティション結合インデックスと非パーティション結合インデックスのどちらにも当てはまります。それらのユーティリティを使用して結合インデックスの定義されている実テーブルにデータをロードしようとすると、エラー メッセージが返され、ロード処理は続行されません。

結合インデックスの定義されている基本テーブルにデータをロードするには、FastLoad、MultiLoad、またはTeradata Parallel TransporterのオペレータLOADおよびUPDATEを実行する前に、まず定義されている結合インデックスをすべて削除することが必要です。

Teradata Parallel Data Pumpなどのロード ユーティリティ、BTEQ、およびTeradata Parallel TransporterのオペレータINSERTおよびSTREAM(SQL行の標準的な挿入および更新を実行する)は、結合インデックスが定義されている基本テーブルに対してされる