INCLUDE NAME句 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

INCLUDE NAME句では、このUDF定義に使用するインクルード ファイルへの明示的なパスを指定します。

この句の構文は、以下のとおりです。

    CI¡name_on_server¡include_name

または

    SI¡name_on_server¡include_name

文字¡は、ユーザー定義の区切り記号を表わします。

以下の手順に従って、インクルード ファイル名の文字列を指定します。

  1. この句の先頭にクライアントまたはプラットフォームのロケーション コードを指定します。
    指定するオプション 関数のソース コードまたはオブジェクト コードの格納場所
    C クライアント
    S サーバー
  2. 文字Iを入力して、これがインクルード ファイルの指定であることを示します。
  3. 任意の区切り記号を使用して、文字列内に指定したIコードとname_on_server変数を区切ります。
  4. サーバー上のインクルード ファイルに割り当てる名前では、拡張子.hを省略します。サーバーは拡張子.hを追加します。

    name_on_serverはすべて、同じデータベース内に作成されたUDFおよび外部プロシージャの間で固有でなければなりません。CREATE/REPLACE FUNCTION定義に非固有のname_on_serverの指定が含まれる場合、システムはそれを作成しません。

    CまたはC++ソースには、以下の形式のインクルード文が必要です。

          #include <name_on_server.h>

  5. 区切り文字を使用して、name_on_serverinclude_nameを区切ります。
  6. インクルード ファイルのパスおよび名前を指定します。
    インクルード ファイルの場所 結果
    クライアント BTEQなど、クライアント アプリケーションで必要な形式に指定を形式設定する必要があります。

    必要な表記形式については、該当するクライアントの資料を参照してください。

    サーバー すべてのプラットフォーム オペレーティング システムのパス指定で、スラッシュ記号(/)または円記号(\)のいずれかを区切り記号として使用できます。