非再帰的ビューのRECURSIVEの指定 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

システムは再帰参照を持つためにキーワードRECURSIVEを使って明示的に定義されたビューを必要としません。それがなくてもそのビュー定義が構文的に正しくなるのであれば、システムはリクエスト側にエラーを返すことなく、指定されたとおりにビューを作成します。ただし、結果として生じるデータベース オブジェクトは再帰的ビューになりません。

これは、クエリーに外部結合を明示的に定義する状況に似ています。しかし、最適化ルーチンはクエリー テキストを、ユーザーが内部結合を定義し、それに従ってそれを再作成したかのように評価します。システムはそのような状況で指定のテーブルに対して内部結合を作成しますが、リクエスト側にエラーや警告は返しません。外部結合の指定に関する問題の詳細な分析については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。