MODIFY NO PRIMARYオプション - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

MODIFY NO PRIMARYオプションには、次のルールが適用されます。

  • パーティションを変更せずにMODIFY NO PRIMARYを指定でき、現行テーブルには、列パーティション プライマリ インデックスまたは基本AMPインデックスが含まれます。
  • SETテーブルに対してMODIFY NO PRIMARYを指定すると、Teradata Databaseにより、テーブルはMULTISETに変更もされます。
  • MODIFY NO PRIMARYをDROP RANGE#n句またはADD RANGE#n句の任意のまたは両方と一緒に指定すると、現時点でテーブルにパーティション プライマリ インデックスがあり、列パーティションがない場合、Teradata Databaseはリクエスト元にエラーを返します。
  • 列パーティション、RANGE_Nパーティション式、CASE_Nパーティション式でADD句を指定できます。

    行パーティションがRANGE_Nパーティション式にもCASE_Nパーティション式にも基づいていない場合は、ADD句を指定できません。そうでない場合、Teradata Databaseはリクエスト側にエラーを返します。