HELP INDEXの属性 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

HELP INDEXリクエストを送信すると、以下の属性が報告されます。

属性 データ型 説明
Unique? CHARACTER(1) そのインデックスが固有であるか非固有であるかを定義します。
  • N は非固有プライマリ インデックスを指定します。
  • Yは固有インデックスを示します。
Primary or Secondary? CHARACTER(1) そのインデックスが基本であるか副次であるかを定義します。
  • Pはプライマリ インデックスを示します。
  • Sはセカンダリ インデックスを示します。

    このコードは、USIとNUSIの区別を行ないません。両方のタイプのセカンダリ インデックスがSとして報告されます。

Column Name VARCHAR(512) インデックスに定義されている列の名前をリストします。
拡張した長さの名前および置換文字を含む各列名が完全な長さに変換されます。作成された列名のリストがColumn Namesフィールドの最大長を超える場合、フィールド内に収まる最後のカンマ区切り文字の後で結果が切り捨てられます。

フィールドがカンマで終了する場合、名前のリストは切り捨てられます。

Index ID INTEGER システム定義されています。

テーブルのプライマリ インデックスは、インデックス番号が常に1です。

セカンダリ インデックスは、インデックス番号が4(テーブルに定義された1番目のセカンダリ インデックスに割り当てられる)から4ずつ増加します。

Approximate Count FLOAT インデックス サブテーブルにあるおおよその行数を定義します。
Index Name CHARACTER(30) インデックス名があれば、インデックス名をリストします。インデックスに名前が付いていない場合には、この列は、NULLです。

Teradata DatabaseがINDEX NAMEに割り当てるCHARACTER SET属性については、このテーブルに前出の「Column Names」の情報を、システムに定義されている言語サポート モードに応じて参照してください。

Ordered or Partitioned? CHARACTER(1) CHARACTER SET LATIN そのインデックスが順序付きであるかパーティション化されているかを定義します。
  • Hはハッシュ順インデックスを示します。
  • Pは行パーティション インデックスを示します。
  • Vは値順インデックスを示します。
CDT Index Type CHARACTER(1) CHARACTER SET LATIN 複合データ型NUSIの型を定義します。
  • Gは、Hilbert R-tree地理空間NUSIインデックスを示します。
  • Nは、非Hilbert R-tree地理空間インデックスを示します。