例: 複数のキャスト対を持つUDTに対する全キャスト - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

次の例は、CREATE CASTとREPLACE CASTを拡張して、HELP CAST euro(CREATE CASTとREPLACE CASTおよびCREATE CASTとREPLACE CASTを参照)にオプションを指定せずに実行した場合の出力を示しています。

     HELP CAST euro;

Source         Target         Cast Routine           As Assignment
----------------------------------------------------------------------
euro           DECIMAL(10,2)  System                     YES
DECIMAL(10,2)  euro           System                     YES
us_dollar      euro           UstoEuro                   YES
euro           us_dollar      EurotoUS                   NO

このレポートについては、以下の点に注意が必要です。

  • このUDTには2つのキャスト対(euro:DECIMALeuro:us_dollar)があるので、レポートは4行になります。
  • euro:DECIMALキャスト対はシステム生成でしたが(どちらのキャスト ルーチンにもSystemという名前が付いていることから分かる)、euro:us_dollarキャスト対はユーザー定義でした。
  • euroからus_dollarへのキャストの定義にAS ASSIGNMENTオプションが指定されていないため、このキャストの暗黙キャストはありません。