ロード ユーティリティの制約および制限 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

FastLoad、MultiLoad、またはTeradata Parallel TransporterのオペレータLOADおよびUPDATE を使用して、ハッシュ インデックスが定義されている基本テーブルにデータをロードすることはできません。これらのユーティリティの実行中は、それらのインデックスが維持されないためです。それらのユーティリティを使用してハッシュ インデックスの定義されている実テーブルにデータをロードしようとすると、エラー メッセージが返され、ロード処理は続行されません。

ハッシュ インデックスの定義されている基本テーブルにデータをロードするには、FastLoad、MultiLoad、またはTeradata Parallel TransporterのオペレータLOADおよびUPDATEを実行する前に、まず定義されているハッシュ インデックスをすべて削除することが必要です。

Teradata Parallel Data Pump、BTEQ、およびTeradata Parallel TransporterのオペレータINSERTおよびSTREAMなど、SQL行の標準的な挿入や更新を実行するロード ユーティリティは、ハッシュ インデックスの定義されているテーブルでされる