並列するキャストとデータ変換機能の作成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

変換グループ機能を相当のキャスト機能と組み合わることがベスト プラクティスです。CREATE TRANSFORMおよびREPLACE TRANSFORMを参照してください。次の例のように、2つの変換型の並列する機能を作成します。

キャスト機能 同等のデータ変換機能
外部事前定義データ型からUDTへのキャスト 外部事前定義データ型からUDTへのtosqlデータ変換
UDTから外部事前定義データ型へのキャスト UDTから外部事前定義データ型へのfromsqlデータ変換

他のデータ型を使用する場合と同様にUDTを使用することは強く推奨されます。特にロード ユーティリティとUSING行記述子の場合、型の開発者はtosqlおよびfromsql機能を相当の外部型(事前定義済み)とともにUDTに、UDTを外部型(事前定義済み)の暗黙のキャストにそれぞれバックアップすることをお勧めします。

同様に、同じUDTのCREATE TRANSFORM文とCREATE CAST文内で同じ外部ルーチンを参照できます。

以下の表に、DISTINCT UDTおよびSTRUCTURED UDTの相違を説明します。

UDTの種類 並列するキャストおよびデータ変換機能の作成のために必要な作業
DISTINCT システム生成のキャストおよびデータ変換を使用する予定の場合、作業は不要です。

ただし、UDT用の独自の外部キャスト ルーチンおよびデータ変換ルーチンを作成することにした場合、並列するキャストおよびデータ変換機能を、それぞれCREATE CAST文、CREATE TRANSFORM文を使用して明示的に作成する必要があります。

STRUCTURED 必要なキャストおよびデータ変換を、両方で同じ外部ルーチンを使用して明示的に作成します。

詳細については、CREATE CASTとREPLACE CASTCREATE TRANSFORMおよびREPLACE TRANSFORMを参照してください。