17.00 - 17.05 - DISTINCT型UDTの全機能の使用可能化 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

DISTINCT型UDTを作成する場合、Teradata Databaseはその型の全機能を使用可能にするために、以下の表の「必須?」列が「必須」となっているすべてのオブジェクトまたは定義を作成します。

機能 DDL文の定義 目的 必須?
STRUCTURED型UDTの定義。 CREATE TYPE (STRUCTURED形式) STRUCTURED型UDTの本体と属性を宣言します。 必須
インスタンス メソッドの定義。 CREATE METHOD STRUCTURED型UDTと関連付けるすべてのSQL呼び出しインスタンス メソッドを宣言します。 必須でない
STRUCTURED型UDT値の比較のための順序付けの定義。 CREATE ORDERING STRUCTURED型UDT値を他の値と比較するための順序付けルーチンとして使用するUDFまたはメソッドを登録します。 はい
CREATE ORDERINGによって参照される外部順序付けルーチンの宣言。
  • CREATE FUNCTION

    または

  • CREATE METHOD
CREATE ORDERING定義で参照される順序付けルーチンを宣言します。 はい
クライアント データ型とサーバー データ型の間での、UDTの双方向のデータ変換。 CREATE TRANSFORM クライアントとサーバーの間で双方向にSTRUCTURED型UDFを受け渡しするためのtosql()およびfromsql()データ変換ルーチンとして使用するUDFおよびUDFまたはメソッドを登録します。 はい
CREATE TRANSFORMによって参照される外部データ変換ルーチンの宣言。
  • CREATE FUNCTION

    または

  • CREATE METHOD
CREATE TRANSFORM定義で参照されるtosql()およびfromsql()外部ルーチンを宣言します。 はい
UDFまたはメソッド外部キャスト ルーチンの登録。 CREATE CAST 以下のキャストを実行するためのキャスト ルーチンとして使用するUDFまたはメソッドを登録します。
  • あるSTRUCTURED型UDTから別のSTRUCTURED型UDTへのキャスト。
  • STRUCTURED型UDTから事前定義データ型へのキャスト。
  • 事前定義データ型からSTRUCTURED型UDTへのキャスト。
はい

DISTINCT型UDTの全機能を実現するには、暗黙的キャストの対が必要です。UDTからそのfromsqlデータ変換ターゲット タイプにキャストする暗黙キャスト、およびtosqlデータ変換ソース タイプからUDTにキャストする暗黙キャスト。それ以外のキャスト定義はオプションです。

CREATE CASTによって参照される外部キャスト ルーチンの宣言。
  • CREATE FUNCTION

    または

  • CREATE METHOD
CREATE CAST文で参照される外部キャスト ルーチンを宣言します。 いいえ