エラー テーブルのArchive/Recoveryユーティリティ サポート - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage
エラー テーブルのArchive/Recoveryユーティリティ サポートには次の点が適用されます。
  • 全AMPまたはディクショナリ アーカイブには、DBC.ErrorTblsのすべての行が含まれます。

    エラー テーブルは、アーカイブ対象のデータベースに含まれている場合のみアーカイブされます。

  • エラー テーブルを含むデータベースがクラスタまたは全AMPアーカイブから復元される場合、エラー テーブルのDBC.ErrorTblsにある対応する行も復元されます。
  • テーブル レベルのアーカイブでは、DBC.ErrorTbls行は含められない
  • アーカイブされたテーブルは、削除されていない場合のみ復元できます。削除されたエラー テーブルは復元できません。
  • エラー テーブルが削除されていない場合、DBC.ErrorTblsにある行で表わされるため、アーカイブから復元するときに、DBC.ErrorTbls行も同様に復元する必要はありません。
  • ArchiveユーティリティのCOPYコマンドを使用してエラー テーブルをコピーしても、それに関連するDBC.ErrorTbls行は復元されません。
  • ArchiveユーティリティのCOPYコマンドを使用してコピーされたエラー テーブルは、ターゲット システム上の通常のデータ テーブルとなります。

COPYコマンドの詳細について、<Teradata® Archive/Recovery Utilityリファレンス、B035-2412>を参照してください。