メソッド定義はCREATE METHOD定義とCREATE TYPE定義に分けられる - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage
サービスとして提供されているVantage delivered as-a-service(AWSまたはAzureで実行中のVantage)、独自のC++およびJava UDF、UDF、UDT、または外部ストアド プロシージャを作成できません。

他のSQLデータベース オブジェクトとは異なり、メソッドの定義はCREATE METHODと、それに関連したCREATE TYPE文で定義されるメソッドのシグネチャに分けられます。

メソッドの定義は概してUDFの定義と類似していますが、UDF定義とは違って、次のメソッドのコンポーネントがそのシグネチャでのみ定義されます。
  • SPECIFIC NAME句
  • LANGUAGE句
  • PARAMETER STYLE句
  • [NOT] DETERMINISTIC句
  • SQLデータ アクセス(NO SQL)句

RETURNS句は、CREATE METHOD定義と、メソッドのCREATE TYPEシグネチャの両方で定義されます。