17.00 - 17.05 - SQLデータ定義言語の概要に関する詳細トピック - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata Vantage™は、業界をリードするTeradata® Databaseから進化した、当社のフラグシップ分析プラットフォーム サービスです。この変更を反映するようにコンテンツ内の参照が更新されるまで、Teradata Databaseという用語はTeradata Vantageと同義です。

<Teradata Vantage™- SQLデータ定義言語 - 詳細トピック>は、データベースの定義または再構築で使用するTeradata DatabaseSQL言語文の概念およびアプリケーションについて説明します。これらのタスクを実行するのに使用する文は、SQLデータ定義言語と呼ばれます。

本書では、一部のSQL DDL文に関する補足情報を必要に応じて掲載しています。SQL DDL文の完全なリストについては、Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144を参照してください。

このドキュメントは、SQLドキュメント セットの中の他の巻、特に<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>、および<Teradata Vantage™ - ANSIテンポラル テーブル サポート、B035-1186>、<Teradata Vantage™ - テンポラル テーブル サポート、B035-1182>と一緒に使用してください。

Teradata Databaseのデータに対するアクセス権限の割り当てまたは取り消しに使用するSQL文については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ制御言語、B035-1149>で説明しています。Teradata Databaseのクエリーまたは更新、またはクエリーとクエリーのワークロード分析に使用するSQL文については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>で説明しています。