17.00 - 17.05 - ロード ユーティリティとパーティション化されたテーブルの制約および制限 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
ロード ユーティリティは、パーティション化されたテーブルに対して使用するとき、次の制限および推奨事項があります。
  • MultiLoadは、USIを持つターゲット テーブルへのロードをサポートしません。パーティション化されたテーブルの多くにはUSIがあります。

    代わりに、データの入っていないステージング テーブルに行をFastLoadし、エラー ロギングでINSERT … SELECTまたはMERGEのいずれかを使用して、行をターゲット テーブルに移行します。詳細は、<CREATE ERROR TABLE>および<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。

    FastLoadを使用して、列パーティション テーブルに行をロードすることはできません。

  • MultiLoad IMPORTタスクでは、削除および更新のため、プライマリ インデックス列セットのすべての値、およびパーティション列セットのすべての値を提供することが必要です。
  • MultiLoad IMPORTタスクは、パーティション列セットの更新をサポートしません。
  • MultiLoad IMPORTタスクは、プライマリ インデックスの更新をサポートしません。
  • FastLoadは、USIまたはNUSIのいずれかを持つターゲット テーブルへのロードをサポートしません。
  • FastLoadは、プライマリ インデックス列もNORMALIZE指定のignoreリストに含まれている場合、プライマリ インデックスが付けられ、正規化されたターゲット テーブルへのロードをサポートしません。
  • MultiLoadおよびFastLoadは、ハッシュ インデックスまたは結合インデックスのいずれかで定義されているターゲット テーブルへのロードをサポートしません。
  • Teradata Parallel Data Pump削除および更新を実行して、パフォーマンスを低下する可能性のあるロック競合問題を回避する場合、パーティション列セットに値を指定することが必要です。詳細については、<Teradata® Parallel Data Pumpリファレンス、B035-3021>を参照してください。
  • パフォーマンスの低下を最小限に抑えるため、Teradata Parallel Data Pumpを使ったプライマリ インデックスとパーティション列の更新は避けることを推奨します。詳細については、<Teradata® Parallel Data Pumpリファレンス、B035-3021>を参照してください。